ホーム > 委員長挨拶

委員長挨拶

公立大学法人奈良県立医科大学労働組合は、地方独立法人法施行に伴い、奈良県職員労働組合医科大学支部から分離され、2007年4月1日に公立大学法人奈良県立医科大学労働組合として発足しました。

全国公立8大学(医学部設置)の中で、唯一全職員が承継職員(非公務員型)で構成されております。

近年、医療の飛躍的発展に伴い、高度医療を担う技術者、看護師さらには大学及び附属病院の運営、維持を行い地域医療を円滑にサポートするコメディカル・スタッフ等の多くの組合員の陣容を擁し、医科大学労働組合が奈良県民の命と健康を守る役割と責任を果たすため、さらには、組合員と家族を守り労働組合の社会的地位を向上させ県民から支持される、労働組合運動をめざして行きたいと願っています。

公立大学法人 奈良県立医科大学労働組合
執行委員長 畑口冨美男